さてさて、暑い夏がもうじき終わるかしら、という今日このごろ。

宇野重吉演劇祭は、宇野重吉生誕100年記念公演『ワーニャおじさん』の稽古にいそしんでおりますよ。

例年は、宇野重吉演劇祭で戯曲賞をとった作品の舞台化を行っているのですが、今年は、宇野重吉生誕100年ということで、宇野さんが上演に情熱を燃やしたチェーホフ作品、その中でもついに宇野さんの手では舞台化されなかった『ワーニャおじさん』を、私たちの、今の、福井の演劇人の手で上演しよう、という。

なんともだいそれた企画です。が、わたしたちは本気です!!

稽古はだいぶ前から始まっていたのですが、8月に入り、やっと役者がそろい、稽古も形を成してきました。

本番は10月4日と5日。福井市文化会館大ホールにて。

詳細は近いうちにきちんと載せるとして、今回は稽古場をのぞき見。

ベテランさんもそうでない方も、役の雰囲気は伝わってきて、あとは残り2か月間、全力で精錬させていくだけ、という感じですね。

演出の家高先生の熱い指導が飛んでおりました!!

↓稽古場の風景と、演出:家高先生の演出机にあったもの。
演出、か、かわいい・・・。絶対、某お茶についてたオマケをなーんにも考えずとりつけただけですけど(笑)

なんの会議でしょう?

演出のヌケ目