高倉さんは、今回、落ちぶれた地主であり、ワーニャおじさんの家の相談役的な存在、テレーギンを演じます。

演技初挑戦。映画好きな集まりから、縁があってオファーを受け、この公演に参加することになりました。

高倉さんからは、温和で優しい空気感があふれています。

演出の家高さんが抜擢したとおり、テレーギンの愛らしさ、憎めなさと、高倉さんの丸くて温かくて謙虚な雰囲気は、良い感じにマッチしていて、お芝居の世界に溶け込んでいます。

テレーギンには、台詞を言う以外にもう一つ、大きな仕事があるのですが、そちらのほうも初挑戦の高倉さん。演技の練習の合間にも、そのもう一つのほうの練習に熱心に取り組んでいて、どんどん上達していっている姿が、高倉さんの努力家なところを表していると思います。

本番まで、きっと高倉さんは静かに、しかし確実に努力を続けるのでしょう。高倉さんの笑顔はとっても素敵で、年下の私もニコニコしてしまう、お友達になりたくなっちゃう、穏やかで優しいおじさまです。

一生懸命練習中。がんばれ!

一生懸命練習中。がんばれ!

演技指導を受ける高倉さん。横は打田さん・・・。

演技指導を受ける高倉さん。横は打田さん・・・。

素敵なおじさま。テレーギンの演技中。

素敵なおじさま。テレーギンの演技中。