森田雄三氏のワークショップ開催

Posted on 27 10月 2013 In: お知らせ

さる10月20日(日)福井市文化会館第3会議室で『イッセー尾形の一人芝居』を35年以上にわたり演出してこられた森田氏をお招きして、チェーホフが作り出した演劇の世界を優しく読み解いてくださいました。特にご自分の出自を重ねながら登場人物の生活の背景や、何気ない描写に隠された当時の人々の暮らしを見つめるチェーホフの視点などの解説は目から鱗が落ちるという感じでした。次回は11月17日です。演劇関係者だけでなく、生きるということに関心がおありの方にも大変興味のあるお話が聞けると思いますので、是非ご参加ください。

優しく語りかける森田氏

優しく語りかける森田氏

熱心に聞き入る皆さん

熱心に聞き入る皆さん

Posted on 24 9月 2013 In: お知らせ

イッセー尾形一人芝居を演出し続けて35年以上の森田雄三氏がチェーホフをテーマにワークショップ開催

チェーホフが描く登場人物を独特な視点で読み解く今までにないワークショップ。みなさまの好奇心を強く刺激するはずです。

是非、ご参加をお待ちしています。森田氏ワークショップチラシ案

第2回ワークショップ開かれる

Posted on 20 5月 2013 In: お知らせ

5月19日(日曜日)福井市文化会館第3会議室で午後2次から開催されました。参加者は12名講師スタッフ3名の計15名でチェーホフの『桜の園』1幕と2幕を通読し、家高さんの解説でチェーホフの芝居の面白さとユニークさがわかりました。何気ない日常のありふれたセリフを紡ぎながら、当時のロシアの大きな転換期をまともに受けて運命に身を委ねる人々が描かれています。ただ何気ない日常のありふれたセリフを演劇上のリアリティーを持って演ずるのは難しいかもしれません。そこがまた挑戦のしがいがあるのかもしれません。

来月は16日(日曜日)福井市文化会館第3会議室午後1時30分受付開始、午後2時〜5次までの3時間途中休憩ありで、桜の園 3幕、4幕を通読します。

興味のある方は是非お友達を誘ってお越しください。ワークショップタイトル縮小第2回ワークショップ1第2回ワークショップ2

4月14日福井市文化会館第3会議室で30名の参加者を迎えて、演劇を通して学ぶコミュニケーション力〜宇野重吉とチェーホフ〜をテーマに開催されました。宇野先生の著作本『演出ノート桜の園』をテキストを中心にこれからチェーホフの作品を読み解きながら人間観察をしていく予定です。古典に親しみ、人間と社会を見通すという欲の深い講座です。楽しみです。各回単位で参加できますので、興味のある方は是非毎月第3日曜日午後2時〜福井市文化会館第3会議室で開催されますのでふるってご参加ください。ワークショップ新聞記事1

ワークショップ始まる

Posted on 15 4月 2013 In: お知らせ

演劇を通してコミュケーション力を高めよう〜宇野重吉とチェーホフ〜と題したワークショップが

昨日4月14日(日)午後2時〜

福井市文化会館第3会議室で行われました。参加者は24名大変地味なタイトルでしたが、演劇関係者のみならず、一般の方も多数参加いただきました。

来月は5月19日同じ時間同じ場所です。興味ある方は是非参加ください。ワークショップ縮小2ワークショップ1縮小

http://www.value-up.jp/wordpress/wp-content/uploads/2009/09/QRcode.jpg